サバイバートが現在進行中のドキュメンタリー映像「アートとお金」の、インタビューや関連情報等を蓄積していきます。
aamp.exblog.jp

Survivart: Independent Organization for Contemporary Art
by art-and-money
What's this Blog?
東京のインディペンデントなアート・オーガニゼーション、Survivart(サバイバート)が2008年から5年をかけてすすめる、ドキュメンタリー・ムービー・プロジェクト「Art and Money」の活動を随時公開するためのブログです。お金とアートにまつわる独自インタビューのほか、ウェブ上で閲覧可能な情報の収集等を進めていきます。

This Blog is organized by Survivart which is an independent art organization based in Tokyo, to archive the all activities of the documentary movie project "Art and Money" around East Asia from 2008 to 2012.
カテゴリ
全体
01: About
02: Event
03: Interview
04: News Cliping
05: Staff Memo
06: Reference
タグ
検索
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「美術品売れ筋価格下がる」日経記事10月8日
タケノブです。株価がすごいことになってきています。
百貨店の美術品売上高も相当下がっているようです。

10/8(水)日経新聞朝刊
「売れ筋の価格帯が大幅に下がっている。」(百貨店の大丸東京店(東京・千代田)が開催中の美術品セールで担当者は驚く。今年の売れ筋は、20-30万円の絵画。これは昨春よりも10万円以上低い値段だ。美術品の主な買い手である富裕層が財布のひもを締めている様子が伺える。
日本百貨店協会によると、全国の百貨店の高額品(美術・宝飾・貴金属)売上高は8月まで18ヶ月連続で前年割れ。3-8月の美術品売上高が3割落ち込んだある百貨店の担当者は「株安などに影響されやすい中小企業経営者が顧客に多いのが痛い」と話す。

[PR]
# by art-and-money | 2008-10-10 23:06 | 04: News Cliping
アート作品の先物取引!?
もうこうなってくると、正直よくわかりません。。。
数ヶ月前に、Survivartのスタッフミーティングで話していたことが実現されました。作品を保管する必要もないし、動かす必要もない。ただお金だけが動いていく。
Intradeというオンライン証券が始めた商品です。

Finalcial Timesより
Gambling on price of art to become a reality
By Deborah Brewster in New York
Published: October 9 2008 03:00 | Last updated: October 9 2008 03:00


日本でも、AIBアートファンドが10/1より募集を始めています。プライマリーのギャラリーで作品を買って、セカンダリーやオークションで転売していき、差額を配当するということかと思います。購入した作品は3年以内に売却とのこと。
AIB アートファンド
[PR]
# by art-and-money | 2008-10-09 23:58 | 04: News Cliping
韓国アート界に異変アリ
韓国の人たちは、良くも悪くも行動が早いイメージがありますが、9月上旬に発表された美術品譲渡に関する課税法案の影響などなどで、ギャラリー街にも異変が起こっているようです。

매일경제より
과세방침 한달 … 미술시장은 요즘
전시 취소에 문닫는 화랑까지
경기 침체에 `세금` 겹쳐 가격할인은 기본 블루칩거래 30% 감소ㆍ신진작가는 거래 끊겨
정승환 기자
2008.09.29 17:02:29 입력

<日本語訳>
毎日経済より
課税方針の1カ月...美術市場はいま
展示取り消しに門を閉める画廊まで
景気の低迷に“税”重なり、価格の割引はブルーチップ取引から30%の減少
新人作家は取引途絶え
ジョン・スンファン記者
≫Google自動翻訳で全文を読む

記事内に出てくるssamzie Space(サムジー・スペース)は1998年に韓国のアパレル企業ssamzieが作ったオルタナティブ・スペースで、ソウルの若者文化の街、弘大(ホンデ)にあります。
ディレクターのキム・ホンヒ氏は2006年の光州ビエンナーレの総合ディレクターとして活躍されました。建物の中には、ギャラリーの他にライブホールやレジデンシーも備えており、これまで様々な活動をしていましたが、2009年の3月を持って全ての活動を終えるとのこと。ただ、仁寺洞(インサドン)にあるサムジギルという商業施設内にはCMギャラリーがあり、アートから完全に撤退するわけではなさそうです。

ただ、他にもソウル市内の有名な大型ギャラリーがいくつか閉館予定とのこと。
詳細はまた追ってレポートします。
[PR]
# by art-and-money | 2008-10-09 23:05 | 04: News Cliping
ロンドンのサーチ・ギャラリー、再オープン
サーチ・ギャラリーといえば、90年代にYBA(Young British Artist)と呼ばれた、今となっては超有名アーティストを多数生み出した有名ギャラリーですね。
記念すべき再オープンを飾るのが、中国現代アートのグループショーとのこと。

AFPBB NEWSより
英現代美術館サーチ・ギャラリー、中国最新アート展で再オープン
2008年10月08日 14:23 発信地:ロンドン/英国

[PR]
# by art-and-money | 2008-10-09 20:54 | 04: News Cliping
ブログで見る、韓国のアートフェアKIAF2008の結果
9月19〜23日まで韓国・ソウルで開かれていたアートフェアKIAF(Korea International Art Fair)。Survivartでは、今年3月に事務局長のチョン・ジョンヒョさんにソウルでインタビューを行いました(インタビュー録はまもなく公開予定です)。今回は、ちょうどリーマン破綻直後だったたことと、韓国国内事情としては美術品譲渡に関する課税法案が提案されたこと等が影響し、残念な結果だった模様です。

2008年は観覧客6万1614人、作品販売額は140億ウォン(推定値)
2007年は観覧客6万4000人、175億ウォン


以下、ネット検索で見つけた関連レポート記事です(日本語)。

●Far East Contemporaries
Seoul:KIAF2008
http://fareastcontemporaries.blogspot.com/2008/09/seoulkiaf2008.html


●東京アートクロス スタッフブログ
KIAF2008  アートフェア(キアフ)
http://tokyoartcross.11.dtiblog.com/blog-entry-42.html


●現代アートコレクターHILOWのblog
KIAF 2008 国内ギャラリー編
http://hilow.livedoor.biz/archives/586696.html


●TOMIO KOYAMA GALLERY : 小山登美夫ギャラリー
KIAF2008 レポート
http://tkgallery.exblog.jp/9635812/


●ギャラリー・アット・ザ・ハイアット・プロジェクツ GATHP
ソウル最終レポ KIAF2008
http://blog.gathp.com/?eid=724782


●unseal contemporary
ART TAIPEIとKIAF
http://www.unseal.jp/wn/?p=88

[PR]
# by art-and-money | 2008-10-08 16:29 | 05: Staff Memo

Copyright(C) Survivart. All Rights Reserved.