サバイバートが現在進行中のドキュメンタリー映像「アートとお金」の、インタビューや関連情報等を蓄積していきます。
aamp.exblog.jp

Survivart: Independent Organization for Contemporary Art
by art-and-money
What's this Blog?
東京のインディペンデントなアート・オーガニゼーション、Survivart(サバイバート)が2008年から5年をかけてすすめる、ドキュメンタリー・ムービー・プロジェクト「Art and Money」の活動を随時公開するためのブログです。お金とアートにまつわる独自インタビューのほか、ウェブ上で閲覧可能な情報の収集等を進めていきます。

This Blog is organized by Survivart which is an independent art organization based in Tokyo, to archive the all activities of the documentary movie project "Art and Money" around East Asia from 2008 to 2012.
カテゴリ
全体
01: About
02: Event
03: Interview
04: News Cliping
05: Staff Memo
06: Reference
タグ
検索
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:market ( 1 ) タグの人気記事
連続レクチャー:日本美術のアジア輸出
かなり具体的なテーマ設定の連続レクチャーです。
Survivartも参加してみようと思います。


連続レクチャー
日本美術のアジア輸出

開催趣旨
1 アジアにおける日本のプレゼンスを考える
最近アジアのアート・ディーラーが、日本の画廊やアジアのオークションで日本美術を盛んに買っているという記事を雑誌等でよく目にします。その程度や意図はまだ判然としていないようですが、日本美術がアジアからの求めに応じて輸出されるという現象は、実は日本が有史以来経験してこなかったことでした。
今後日本は軍事、政治、経済の分野では、アジアでの地盤沈下は避けられそうもありません。ですが、文化の分野でだけは影響力を保持できる可能性が残されています。アジアにおける日本のプレゼンスを確保するためにも、日本美術がアジア各国から求められていることの意味は大きいといえるでしょう。
現状ではその求められ方には投機的要素がつよく、問題がないわけではありません。そこでこれからの「日本美術のアジア輸出」を本格化させ、さらに、美術における「アジアの共通基盤」を探るためにも、まずは現在起きている現象をしっかり観察したいと考え、今回の企画を立てました。

2 今回の連続レクチャーは、以下の4回にわたっておこなわれます。
1回「アジアのオークションで人気のある日本美術」  11月15日(土)
・オークションでの日本美術の取り上げられ方、そして転売の状況
・中国・韓国・台湾で、日本の現代美術はどのように注目されているのか

2回「アジアに進出する日本の建築家」  12月6日(土)
・日本の建築がアジアに進出するための条件
・中国現代建築界の現状

3回「アジアに進出するメリット——美術作家の判断と覚悟」  12月14日(日)
・美術作家とギャラリーが結ぶ契約——中国・韓国・日本の場合
・作家の制作活動——日本国内とアジア各国との違い

4回「日本美術の北京進出と日中文化交流」  12月23日(火/祝)
・日本のギャラリーが北京で日本美術を紹介している状況
・ヨーロッパで好まれる日本美術/アジアで好まれる日本美術
・中国現代美術界の現状

会場:東京文化会館 4階大会議室(東京都台東区上野公園5-45)
JR上野駅公園口を出て、正面の楽屋・関係者入口よりお入り下さい。


プログラム(敬称略)
1回「アジアのオークションで人気のある日本美術」
開催:11月15日(土)18:30〜20:30 東京文化会館大会議室
趣旨説明:樋田豊郎(A.I.T. 理事長)
講師:倉田陽一郎(シンワアートオークション株式会社 代表取締役社長)
講師:金島隆弘(FECディレクター)
司会:端山聡子(平塚市美術館 学芸員)

2回「アジアに進出する日本の建築家」
開催:12月6日(土)18:30〜20:30 東京文化会館大会議室
講師:六角鬼丈(建築家/東京藝術大学美術学部長、建築科教授)
講師:迫慶一郎(建築家)
司会:樋田豊郎(A.I.T. 理事長)

3回「アジアに進出するメリット——美術作家の判断と覚悟」
開催:12月14日(日)14:00〜16:00 東京文化会館大会議室
講師:矢柳剛(美術作家)
講師:小林浩(美術作家)
司会:大西若人(朝日新聞社文化グループ記者)

4回「日本美術の北京進出と日中文化交流」
開催:12月23日(火/祝)14:00〜16:00 東京文化会館大会議室
講師:田畑幸人(東京画廊+BTAPディレクター)
講師:三潴末雄(ミヅマアートギャラリー代表)
司会:片岡真実(森美術館 シニア・キュレイター)

定員:各回65名
聴講料:会員は無料
     一般参加:3,000円(全4回)/1,000円(1回のみ参加)
申込方法:事前申込制(先着順)
*当日会場での参加費お支払いはできませんので、かならず事前にお申し込みください。
*詳細はウェブサイトをご覧ください。

アート・インタラクティヴ東京事務局
TEL: 042-471-4720
FAX: 042-471-4720
E-mail: info@artinteractivetokyo.com
URL: http://www.artinteractivetokyo.com

[PR]
by art-and-money | 2008-11-11 16:34 | 04: News Cliping

Copyright(C) Survivart. All Rights Reserved.