サバイバートが現在進行中のドキュメンタリー映像「アートとお金」の、インタビューや関連情報等を蓄積していきます。
aamp.exblog.jp

Survivart: Independent Organization for Contemporary Art
by art-and-money
What's this Blog?
東京のインディペンデントなアート・オーガニゼーション、Survivart(サバイバート)が2008年から5年をかけてすすめる、ドキュメンタリー・ムービー・プロジェクト「Art and Money」の活動を随時公開するためのブログです。お金とアートにまつわる独自インタビューのほか、ウェブ上で閲覧可能な情報の収集等を進めていきます。

This Blog is organized by Survivart which is an independent art organization based in Tokyo, to archive the all activities of the documentary movie project "Art and Money" around East Asia from 2008 to 2012.
カテゴリ
全体
01: About
02: Event
03: Interview
04: News Cliping
05: Staff Memo
06: Reference
タグ
検索
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:japan ( 30 ) タグの人気記事
村上隆インタビュー記事

[PR]
by art-and-money | 2009-03-04 13:58 | 04: News Cliping
辛美沙さんの著書が発売!
Survivartでも今年の4月にインタビューをさせていただいた、ART FAIR TOKYOディレクターの辛美沙さんが本を出されていました。目次を見るだけでも非常に気になる内容です。現在Amazonは品切れのようでまだ入手できていませんが、届き次第じっくり読んでみたいところです。

f0193273_2305996.jpg『アート・インダストリー—究極のコモディティーを求めて』
辛 美沙 (著)
単行本: 320ページ
出版社: 美学出版 (2008/12)
ISBN-10: 4902078171
ISBN-13: 978-4902078176
発売日: 2008/12
¥ 1,680 (税込)
[PR]
by art-and-money | 2008-12-30 02:34 | 06: Reference
京都に進出した東京のギャラリー
以前も書きましたが、東京から京都に支店を出した小山登美夫ギャラリーとタカ・イシイギャラリーの関連記事です。関西のアートシーンは、大阪から京都に移りつつあるのでしょうか。


[PR]
by art-and-money | 2008-12-11 23:21 | 04: News Cliping
ART@AGNES 2009がラスト
f0193273_10441815.jpg神楽坂にある「アグネスホテル アンドアパートメンツ東京」で、現代美術を専門としたギャラリーが集まって開催してきた「ART@AGNES」が、次回の開催を持って終了するとのことです。

ART@AGNES 2009
会期:2009年1月10日〜11日
会場:アグネスホテル アンドアパートメンツ東京
http://www.artatagnes.com/2009/
[PR]
by art-and-money | 2008-12-09 10:44 | 04: News Cliping
村上隆 インタビュー動画(NYTより)
f0193273_10335757.jpgNY TimesのT Magazineというコーナーに、村上隆さんのインタビュー動画が掲載されています。アートマーケットや天才についての質問に答えています。

T Magazine
Screen Test: Takashi Murakami
T Magazine speaks with the artist, Takashi Murakami.

[PR]
by art-and-money | 2008-12-09 10:34 | 04: News Cliping
エマージング・ディレクターズ・アートフェア 「ウルトラ001」
日曜日ですね。タケノブです。
新しい形式のアートフェアが、スパイラルから。

f0193273_16551981.jpg


エマージング・ディレクターズ・アートフェア 「ウルトラ001」
期間 :2008.10.29~11.03
会場 :スパイラルガーデン/1F

ディレクターを単位とする、新形式のアートフェアを開催
今や世界中で開催されるアートフェア。本アートフェアは、通常のギャラリー単位で出展されるアートフェアとは一線を画し、ギャラリーで実際に作家、作品を選ぶディレクター個人を出展単位として開催する新しい試みです。参加ディレクターの年齢を、40歳以下に設定しています。美術が本来持っている個の力を、作品から、展示から、またマーケットから引き出すことを目的とし、美術界の次代を担う若手ディレクターにスポットをあて、常に新鮮な感性を届けるフェアとしての継続を図ることを意図しています。
「ウルトラ」は語源であるラテン語の「~の彼方に、~を越えて」が意味するように、新形式のアートフェア形成の実現を目指し、またここから美術マーケットが新たな広がりを見せることへの期待が込められています。若手ディレクター25名によってセレクトされた作品の数々を、この機会に是非ご覧下さい。

[PR]
by art-and-money | 2008-10-19 16:56 | 04: News Cliping
@Gallary TAGBOATが新人作家募集中!
コンテンポラリーアートをいち早くネット販売した@Gallary TAGBOATが新しいビジネスを始めていました。年会費9800円で登録し、ウェブ上で作品を展示販売可能。さらに審査の上、リアルな展示空間で作品を発表し販売することも可能とのこと。

新人作家大募集!!未来のビッグアーティストを
タグボート・ネクスト・ジェネレーションズが大公開!!
リアル+ウェブ型の次世代ハイブリッド・ギャラリー
TAGBOAT Next GenerationS
http://www.tagboat.com/ngs/index.html


類似サイトとしては、LOAPS(ロープス)や絵画の測り売りサイトART-Meterもありますが、実際のところ、どのくらい効果があるのでしょうか?登録、活用している方は、ぜひ感想など教えて下さい。
[PR]
by art-and-money | 2008-10-18 02:08 | 04: News Cliping
銀座の貸し画廊(レンタルギャラリー)のいま
銀座にあるなびす画廊の方の話を中心に、興味深い取材記事になっていまます。
かつて、若いアーティストが展示をするには、貸し画廊という場が主流でしたが、高い賃料を払って展示をしても、見に来るのはごく親しい友人と家族だけ...といった悲惨な話は何度が耳にしたことがあります(今でももちろんそういう展示もあるでしょう)。
しかし、そんなのおかしいよね!ということで、アーティスト小沢剛のなすび画廊や、中村政人によるオルタナティブ・スペースが生まれ、さらには欧米型のコマーシャル・ギャラリーを導入した小山登美夫ギャラリーなどがメイン・ストリームとなり、現在ではカフェ兼ギャラリースペースといったものまで様々な展示空間が生まれています。
どこで見せるのかはアーティスト次第ですが、貸し画廊という場が果たす役割について、今一度考えてみたくなる記事でした。

The Japan Times Onlineより
Thursday, July 31, 2008
INSIDE ART
You can always buy your way in
By EDAN CORKILL

[PR]
by art-and-money | 2008-10-17 01:57 | 04: News Cliping
三菱商事による若手アーティスト支援プログラム
CSR(企業の社会的責任)の一環として行われている、若手支援プログラム。
美大・芸大の学生(または卒業生)の作品を公募で集め、選りすぐりを購入。その作品を1ヶ月ほど社内で展示したのち、今度はオークションを開催して売る。入札があった場合は、売り上げ金をアーティストに再び還元(一部はチャリティーへ)。という流れです。

若手アーティストの育成とキャリア支援を目指して
三菱商事アート・ゲート・プログラム


2008年度から開始した新たな社会貢献活動として、若手アーティストの育成とキャリア支援を目指し、2008年6月に『三菱商事アート・ゲート・プログラム』をスタートしました。

本プログラムでは、将来性あるアーティストによる現代アート作品を、公募により年間約200点購入。購入した作品はオークション販売を行い、売上金を若手アーティストおよびチャリティー団体に還元します。

この取り組みを開始した背景として、日本の芸術系大学生およびその卒業生は、一般的に作品発表の機会に恵まれていないという現状があります。「自然との共生」をテーマにした第1回の公募では、180点の作品が寄せられました。その中から、最終的に40点を買い取り、三菱商事本社内に展示しています。若手アーティストたちからは、「自分の作品が世間に知られるきっかけができた」との喜びの声が届いています。

第2回目以降も、毎回50点前後の作品を継続的に買い取る方針で、活動を通して才能あるアーティストの芽を育て、文化・芸術分野での社会貢献につなげていきます。


ということで、10/4に行われたオークションの記事が掲載されていました。一番高く売れた作品は52万円で落札されたとのこと。この企画に関わっている株式会社AGホールディングズの柴山哲治代表取締役は、元ササビーズ・ジャパンの社長だった方のようです。三菱商事では、このようなオークションを年に4回開催していく予定とのこと。次回は12/13に開催。


[PR]
by art-and-money | 2008-10-17 00:55 | 04: News Cliping
皆さん、今がお買い得?「絵画徹底売りつくし」
f0193273_2392114.jpg

f0193273_2393417.jpg





そのまま引き続きタケノブです。
今がチャンス!、なんですかね。
[PR]
by art-and-money | 2008-10-10 23:11 | 04: News Cliping

Copyright(C) Survivart. All Rights Reserved.