サバイバートが現在進行中のドキュメンタリー映像「アートとお金」の、インタビューや関連情報等を蓄積していきます。
aamp.exblog.jp

Survivart: Independent Organization for Contemporary Art
by art-and-money
What's this Blog?
東京のインディペンデントなアート・オーガニゼーション、Survivart(サバイバート)が2008年から5年をかけてすすめる、ドキュメンタリー・ムービー・プロジェクト「Art and Money」の活動を随時公開するためのブログです。お金とアートにまつわる独自インタビューのほか、ウェブ上で閲覧可能な情報の収集等を進めていきます。

This Blog is organized by Survivart which is an independent art organization based in Tokyo, to archive the all activities of the documentary movie project "Art and Money" around East Asia from 2008 to 2012.
カテゴリ
全体
01: About
02: Event
03: Interview
04: News Cliping
05: Staff Memo
06: Reference
タグ
検索
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:gallery ( 13 ) タグの人気記事
京都に進出した東京のギャラリー
以前も書きましたが、東京から京都に支店を出した小山登美夫ギャラリーとタカ・イシイギャラリーの関連記事です。関西のアートシーンは、大阪から京都に移りつつあるのでしょうか。


[PR]
by art-and-money | 2008-12-11 23:21 | 04: News Cliping
ART iTが創刊5周年
ART iTが創刊5周年を迎えたそうです。創刊号が出ると知ったとき、美術手帖に変わるアート雑誌がついに出るんだ!と思ったものです。あれから早5年、誌面に広告の数がものすごく増えたのは、認知度が上がった証でしょうね。しかしその分記事が少なくなったような気もしますが。。。これからも応援してます。
http://www.art-it.jp/

f0193273_1435816.jpgART iT (アートイット) 2008年 10月号 [雑誌]
創刊5周年記念号
アジア=パシフィックのアートシーン 2003-2008

¥ 1,400 (税込)
出版社: 紀伊國屋書店; 季刊版 (2008/10/17)
ASIN: B001GZK9T0
発売日: 2008/10/17


誌面に掲載されていた広告で、小山登美夫ギャラリーと、タカ・イシイギャラリーが京都に支店を開廊することを知りました。11/20オープンとのこと。
[PR]
by art-and-money | 2008-10-27 14:43 | 05: Staff Memo
エマージング・ディレクターズ・アートフェア 「ウルトラ001」
日曜日ですね。タケノブです。
新しい形式のアートフェアが、スパイラルから。

f0193273_16551981.jpg


エマージング・ディレクターズ・アートフェア 「ウルトラ001」
期間 :2008.10.29~11.03
会場 :スパイラルガーデン/1F

ディレクターを単位とする、新形式のアートフェアを開催
今や世界中で開催されるアートフェア。本アートフェアは、通常のギャラリー単位で出展されるアートフェアとは一線を画し、ギャラリーで実際に作家、作品を選ぶディレクター個人を出展単位として開催する新しい試みです。参加ディレクターの年齢を、40歳以下に設定しています。美術が本来持っている個の力を、作品から、展示から、またマーケットから引き出すことを目的とし、美術界の次代を担う若手ディレクターにスポットをあて、常に新鮮な感性を届けるフェアとしての継続を図ることを意図しています。
「ウルトラ」は語源であるラテン語の「~の彼方に、~を越えて」が意味するように、新形式のアートフェア形成の実現を目指し、またここから美術マーケットが新たな広がりを見せることへの期待が込められています。若手ディレクター25名によってセレクトされた作品の数々を、この機会に是非ご覧下さい。

[PR]
by art-and-money | 2008-10-19 16:56 | 04: News Cliping
銀座の貸し画廊(レンタルギャラリー)のいま
銀座にあるなびす画廊の方の話を中心に、興味深い取材記事になっていまます。
かつて、若いアーティストが展示をするには、貸し画廊という場が主流でしたが、高い賃料を払って展示をしても、見に来るのはごく親しい友人と家族だけ...といった悲惨な話は何度が耳にしたことがあります(今でももちろんそういう展示もあるでしょう)。
しかし、そんなのおかしいよね!ということで、アーティスト小沢剛のなすび画廊や、中村政人によるオルタナティブ・スペースが生まれ、さらには欧米型のコマーシャル・ギャラリーを導入した小山登美夫ギャラリーなどがメイン・ストリームとなり、現在ではカフェ兼ギャラリースペースといったものまで様々な展示空間が生まれています。
どこで見せるのかはアーティスト次第ですが、貸し画廊という場が果たす役割について、今一度考えてみたくなる記事でした。

The Japan Times Onlineより
Thursday, July 31, 2008
INSIDE ART
You can always buy your way in
By EDAN CORKILL

[PR]
by art-and-money | 2008-10-17 01:57 | 04: News Cliping
中国で勝負するということ。
以下、NIKKEI NETの特集サイト内に掲載されている、北京に「Mizuma & One Gallery」をオープンした三潴氏へのインタビュー記事です。



ニュース・クリッピングをしていて感じるのは、アートマーケットに関する情報となると、日本のメディア発の情報が圧倒的に少ないことです。
大手新聞社では、今年の春に朝日新聞がシリーズでアジアのアートマーケットを取材した記事を掲載していましたが、目立つ記事はそのくらい。この差がイコール市場の差ということなのでしょうか。
[PR]
by art-and-money | 2008-10-16 15:22 | 04: News Cliping
ロンドンのサーチ・ギャラリー、再オープン
サーチ・ギャラリーといえば、90年代にYBA(Young British Artist)と呼ばれた、今となっては超有名アーティストを多数生み出した有名ギャラリーですね。
記念すべき再オープンを飾るのが、中国現代アートのグループショーとのこと。

AFPBB NEWSより
英現代美術館サーチ・ギャラリー、中国最新アート展で再オープン
2008年10月08日 14:23 発信地:ロンドン/英国

[PR]
by art-and-money | 2008-10-09 20:54 | 04: News Cliping
Interview: 岡田聡さん
f0193273_1542682.jpg岡田聡|Satoshi Okada
アートアセファル代表。優秀な精神科医であり、現代美術コレクター。アーティストのサポートにも積極的で、展覧会のキュレーションや、恵比寿にて喫茶・スナックMAGIC ROOM??を運営。また、市原研太郎氏・後藤繁雄氏・ヒロ杉山氏・吉井仁実氏と共にmagical, ARTROOMを設立し、現在は代表をつとめている。

取材日 :2008年8月27日(水)
取材場所:岡田聡氏 自宅


//////////////////////////////////////////////////////// 続きを読む
[PR]
by art-and-money | 2008-09-21 01:42 | 03: Interview
HIROMI YOSHII ギャラリーの代表も!
HIROMI YOSHII ギャラリー代表の吉井仁実さんも、新書を出されていました。さっそく購入してみようとおもいます。

f0193273_117408.jpg『現代アートバブル』
吉井仁実 (著)
新書: 232ページ
出版社: 光文社 (2008/9/17)
ISBN-10: 4334034721
ISBN-13: 978-4334034726
発売日: 2008/9/17


[PR]
by art-and-money | 2008-09-20 01:13 | 06: Reference
オークションハウスがプライマリー
アート市場にはプライマリー市場とセカンダリー市場がありますが、オークションというのは典型的なセカンダリー市場だったわけです。ところが、あのダミアン・ハースト氏が作家自らオークションハウスに自身の新作を出品。結果も予想通りものすごい価格でした。



このオークションは色々な面で画期的であると同時に物議もかもすものとなりました。
詳細はフランスアート界底辺日記さんの記事や、藤高さんのブログOnce in dark roomsに詳しく書かれています。
[PR]
by art-and-money | 2008-09-18 02:47 | 04: News Cliping
日本のギャラリーが北京進出
2008年4月に北京空港近くの「草場地」エリアにギャラリーをオープンした、MIZUMA ART GALLERYとWADA Fine Artsについての記事です。

The Japna Times Onlineより
Thursday, Aug. 21, 2008
Betting on Beijing
By OLIVIER KRISCHER

[PR]
by art-and-money | 2008-08-28 14:36 | 04: News Cliping

Copyright(C) Survivart. All Rights Reserved.