サバイバートが現在進行中のドキュメンタリー映像「アートとお金」の、インタビューや関連情報等を蓄積していきます。
aamp.exblog.jp

Survivart: Independent Organization for Contemporary Art
by art-and-money
What's this Blog?
東京のインディペンデントなアート・オーガニゼーション、Survivart(サバイバート)が2008年から5年をかけてすすめる、ドキュメンタリー・ムービー・プロジェクト「Art and Money」の活動を随時公開するためのブログです。お金とアートにまつわる独自インタビューのほか、ウェブ上で閲覧可能な情報の収集等を進めていきます。

This Blog is organized by Survivart which is an independent art organization based in Tokyo, to archive the all activities of the documentary movie project "Art and Money" around East Asia from 2008 to 2012.
カテゴリ
全体
01: About
02: Event
03: Interview
04: News Cliping
05: Staff Memo
06: Reference
タグ
検索
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:event ( 6 ) タグの人気記事
イベント第3弾終了しました
昨日、半年間の映像プチ上映会&トークイベントを行いました。今回はスタッフミーティング的な側面が強く、この半年間で見えてきたことの整理と、今後の取材・活動方針の検討などが話し合われました。

特に議論が紛糾?したのは、「アーティストはただひたすら作品だけを作っていればいいいのか?」というあたりだったと思います。
スタッフの伊藤は、日本の場合、アーティストが漁師だったとして、漁師に魚を獲ってこいと言うくせに、それを売る市場がない状態、と表現します。だからこそ漁師は自分でどう売るかを考えなくてはいけないし、どうすれば売れるのかま、自分で方法を見つけざるを得ないと。

一方で、アーティストは作品を作ればいい、お金のことは考える必要はない、というギャラリスト等もいます。良い作品さえ作ってくれたらオレが売ってやるよ、という意味での発言でしょう。しかしその恩恵を受けられるのはやはりごく一部のアーティストだけで、作品の形態も平面が必然的に多くなってしまうという話題にもなりました。

また、現在CAMPで展示を行っているアーティストの早川さん(現役美大大学院生)からは、美大の現状の話も出ました。絵画系の学生たちに特に顕著なのが、作品のことや表現の話をするのではなく、何か売れる作品なのか、どこのギャラリーが良いのか等の話ばかりが増えているとのこと。

他にも、公募展(国画会、日展、院展などなど)に参加するアーティストが、若い世代を中心に増えている、という話題も出ました。公募展系はSurvivartではまだ足を踏み入れていない領域ですが、ピラミッド型の組織の実体と参加することのメリット等々、今後の取材対象としてリサーチしていこうと思います。

f0193273_1322651.jpg


≫イベントの概要はこちら
[PR]
by art-and-money | 2008-10-08 13:28 | 05: Staff Memo
Event vol.3:半年間のインタヴュー映像を一挙公開!
f0193273_3561054.jpg

ドキュメンタリー・ムービー・プロジェクト「Art and Money」第3弾企画
半年間のインタヴュー映像を一挙公開!
サバイバートが見た東アジアのアートと経済


日時:2008年10月7日(火)20:00〜
会場:Ottomainzheim Gallery(東京都中央区八丁堀3-11-9 B1)
予約不要、入場無料(会場ではCAMPのオープンバー開催中です)

サバイバートはこれ迄の6ヶ月間、東アジアのアート市場について独自の取材を展開してきた。
東京でのアートフェアやオークションの現状、更には韓国のアート関係者たちの多面的な証言。そこからは、90年代初頭のバブル崩壊という苦い経験の影を引きずる日本と、巨大な中国アート市場との格差の姿が垣間見えた。そこで、サバイバートは皆さんと共にアートバブルの真相を捉えるため、数々のインタヴュー映像をもとに、公開カンバセーションプログラムを開催する。熱く盛りあがる東アジアのアート市場を知るチャンスがここにある。そしてドキュメンタリー・ムービー・プロジェクト「Art and Money」の企画運営に携わりたい方、集まれ!

<会場アクセス>
Otto Mainzheim Gallery(東京都中央区八丁堀3-11-9-B1)
●東京メトロ日比谷線・JR京葉線「八丁堀駅」A1出口より徒歩3分
●都営地下鉄浅草線「宝町駅」A5出口より徒歩4分
●東京メトロ銀座線「京橋駅」4番出口より徒歩5分
●東京メトロ有楽町線「新富町駅」3番出口より徒歩10分
●東京メトロ東西線・日比谷線「茅場町駅」12番出口より徒歩15分
→地図はこちら

≫イベントレポートはこちら
[PR]
by art-and-money | 2008-10-07 20:00 | 02: Event
「Art and Money」第2弾企画、ミヅマさんトークイベント終了しました!
f0193273_254642.jpg

f0193273_2542625.jpg

f0193273_2543758.jpg

先週末の金曜日、無事にミヅマさんのトークイベントが終了いたしました。
八丁堀の会場には、約30名弱もの人が集まり、暑い空間となり、更にミヅマさんのトークも熱いものとなり、かなり有意義な時間となりました。

8月もインタビューを企画しています。
ミヅマさんのお話も、本blogにて少しずつ公開していきたいと考えています。
暑い夏の中、熱く動くSurvivartに、引き続きご注目くださいませ。

≫イベント概要はこちら
[PR]
by art-and-money | 2008-07-31 02:52 | 05: Staff Memo
Event vol.2:ゲストは三潴末雄さん(ミヅマアートギャラリー)
ドキュメンタリー・ムービー・プロジェクト「Art and Money」第2弾企画
ミヅマアートギャラリー 三潴末雄氏が語る
東アジア・アートマーケットへの挑戦


日時:2008年7月25日(金)20:00〜22:00
会場:Ottomainzheim Gallery(東京都中央区八丁3-11-9 B1F)
定員:30人(予約制) 参加費1000円(1ドリンク付)
ゲスト:三潴末雄(ミヅマアートギャラリー・ディレクター)

現代美術の日本における一年間の市場規模が25億円とされる中、一夜のオークションで30億円の売り上げを記録する中国人アーティストたち。
バブルと囁かれる東アジアのアート市場で、ギャラリストたちがみる夢とは何か?!
そこで今回は、昨年、北京に新たなギャラリーをオープンさせたミヅマアートギャラリー・オーナーの三潴末雄さんをゲストに迎え、アート市場を生き抜く現在についてお話しを頂きます。アーティストや予備校生、美大生も、ミヅマさんと直接話が出来るチャンス。是非とも質問多数お持ち寄りください!

<予約方法>
メールのタイトルを「キャンプ予約」とし、本文に以下を明記してメールを送信して下さい。24時間以内にこちらから予約確認のメールをお送りいたします。
mail:museumoftravel(at)gmail.com
※「(at)」を「@」に変更して送信して下さい。
1.イベント名:「TALK:0725」
2.氏名:
3.メールアドレス:
4.参加人数:

<会場アクセス>
Ottomainzheim Gallery(オットーマインツハイム・ギャラリー)
・東京メトロ日比谷線・JR京葉線「八丁堀駅」A1出口より徒歩3分
・都営地下鉄浅草線「宝町駅」A5出口より徒歩4分
・東京メトロ銀座線「京橋駅」4番出口より徒歩5分

<ゲスト略歴>
三潴末雄|Sueo Mizuma
東京生まれ。成城大学文芸学部卒業。1980年代からギャラリー活動を開始、94年ミヅマアートギャラリーを青山に開廊。2000年からその活動の幅を海外に広げ、インターナショナルなアートフェアに積極的に参加。
2002年中目黒にギャラリーを移転後、同ビル5階にミヅマ・アクションを併設し、日本、アジアの若手作家を中心にその育成、発掘、紹介をし続けている。また、アジアにおけるコンテンポラリーアートマーケットの更なる発展と拡大のため、2008年に北京にMizuma & One Galleryを開廊。引き続き毒と批評精神溢れた作家を世界に紹介している。
http://mizuma-art.co.jp


≫イベントレポートはこちら
[PR]
by art-and-money | 2008-07-14 02:13 | 02: Event
「Art and Money」第一弾企画終了しました!
f0193273_240055.jpg

昨日は雨が降ったりやんだりで肌寒い天気だったにもかかわらず、たくさんの方にご来場いただき、本当にありがとうございます。
f0193273_2403062.jpg

ゲストの藤城里佳さん(無人島プロダクション)からは、率直で具体的なお話をたくさん聞くことができ、最後には藤城さんオリジナルの十戒ならぬ「十六戒」も!披露していただきました。私たちにとっても、とても参考になるお話でした。肝に銘じていきたいと思います!
f0193273_2414227.jpg

また展示作家・松田修さんの友人ということもあり、遊びに来てくれたChin↑Pomメンバーのみなさんもありがとうございます!これからの活躍も楽しみにしています!

さて、こういった感じで、『キュメンタリー・ムービー・プロジェクト「Art and Money」』は、不定期イベントと連動しながら進んでいきます。昨日のトーク時にも話をしましたが、今後行われるインタビュー取材もどんどん色んな方と進めて行こうと思っていますので、興味のある方はぜひご参加下さい!

≫イベント概要はこちら
[PR]
by art-and-money | 2008-04-27 23:38 | 05: Staff Memo
Event vol.1:ゲストは藤城里香さん(無人島プロダクション)
ドキュメンタリー・ムービー・プロジェクト「Art and Money」第1弾企画
ビールを飲みながら気楽に語る「アートと経済」


日時:2008年4月26日(土)19:00~21:00 終了しました!
会場:Ottomainzheim Gallery(東京都中央区八丁堀3-11-9 B1)
定員:30人(予約制) 参加費:1,000円(1ドリンク付)
ゲスト:藤城里香(無人島プロダクション)

3月に行った韓国・ソウルでのアート市場についての取材や、4月に東京で行われたアートフェアのインタビュー映像の上映を行ないます。後半は、ビールを飲みながら気楽に語る「アートと経済」。ドキュメンタリー・ムービー・プロジェクト「Art and Money」を題材に気軽に芸術とお金について意見交換をしましょう。アートに興味がある方も、経済に興味のあるかたも、どちらもちょと苦手と言う方も、是非お気軽にご参加下さい。お待ちしております。

<予約方法>
メールのタイトルを「キャンプ予約」とし、以下を明記したメールを下のアドレスまでお送りください。24時間以内にこちらから予約確認のメールをお送りいたします。
1.イベント名:TALK: 0426
2.氏名:
3.メールアドレス
4.参加人数:
≫予約メール送信先 museumoftravel(at)gmail.com
※「(at)」を「@」に変更して下さい。

<会場アクセス>
Ottomainzheim Gallery(オットーマインツハイム・ギャラリー)
・東京メトロ日比谷線・JR京葉線「八丁堀駅」A1出口より徒歩3分
・都営地下鉄浅草線「宝町駅」A5出口より徒歩4分
・東京メトロ銀座線「京橋駅」4番出口より徒歩5分

<ゲスト略歴>
藤城里香|Rika Fujiki
1970年山口県生まれ。女子美術短期大学グラフィックデザイン科卒業。企業の秘書課に勤務した後、1994年2月よりミヅマアートギャラリーに入社、約 11年間ミヅマの仕事に青春(?)を捧げる。 2006年5月、音楽評論家の妹沢奈美と無人島プロダクションを設立。アーティストマネジメントを中心に、展覧会だけでなくDVDをはじめとしたプロダクト制作や、出版・イベント企画など、表現者それぞれの感性と個性、発想に沿ったプロモーション方法で、多様な「表現」を世に送り出すべく奮闘中。
無人島プロダクション:http://www.mujin-to.com/

※当日は、無人島プロダクションから絶賛発売中のアーティストDVDを、会場にて販売致します。ぜひこの機会に!
・宇治野宗輝DVD「UJINO and The Rotators」2100円
・Chim↑PomDVD「P.T.A.」1890円
・Chim↑PomDVD「The Making of Thank You Celeb Project I'm BOKAN」1890円
・八木良太DVD「time cosmique」2400円

日中は展覧会が行われています。Survivart企画の展示に参加経験のある3人による展覧会です。ぜひともご期待下さい!
【 CAMP EXHIBITION:0424-0503 】
松田と栗原と森元、
期 間:2008年4月24日(木)〜5月3日(土)
時 間:平日12:00〜20:00、土日祝は19:00まで(4月24日は17:00から)
入場料:無料(予約不要)
参加アーティスト:松田修、栗原良彰、森元嶺
オープンバー(オープニングパーティー)
日 時:4月25日(金)20:00-23:00
入場料:無料(予約不要)
※午後8時半頃より、アーティストインタビューを行います。
詳細はCAMPのサイトをご覧下さい。
http://mot8.exblog.jp/7682210/



≫イベントレポートはこちら
[PR]
by art-and-money | 2008-04-15 02:34 | 02: Event

Copyright(C) Survivart. All Rights Reserved.