サバイバートが現在進行中のドキュメンタリー映像「アートとお金」の、インタビューや関連情報等を蓄積していきます。
aamp.exblog.jp

Survivart: Independent Organization for Contemporary Art
by art-and-money
What's this Blog?
東京のインディペンデントなアート・オーガニゼーション、Survivart(サバイバート)が2008年から5年をかけてすすめる、ドキュメンタリー・ムービー・プロジェクト「Art and Money」の活動を随時公開するためのブログです。お金とアートにまつわる独自インタビューのほか、ウェブ上で閲覧可能な情報の収集等を進めていきます。

This Blog is organized by Survivart which is an independent art organization based in Tokyo, to archive the all activities of the documentary movie project "Art and Money" around East Asia from 2008 to 2012.
カテゴリ
全体
01: About
02: Event
03: Interview
04: News Cliping
05: Staff Memo
06: Reference
タグ
検索
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:CSR ( 1 ) タグの人気記事
三菱商事による若手アーティスト支援プログラム
CSR(企業の社会的責任)の一環として行われている、若手支援プログラム。
美大・芸大の学生(または卒業生)の作品を公募で集め、選りすぐりを購入。その作品を1ヶ月ほど社内で展示したのち、今度はオークションを開催して売る。入札があった場合は、売り上げ金をアーティストに再び還元(一部はチャリティーへ)。という流れです。

若手アーティストの育成とキャリア支援を目指して
三菱商事アート・ゲート・プログラム


2008年度から開始した新たな社会貢献活動として、若手アーティストの育成とキャリア支援を目指し、2008年6月に『三菱商事アート・ゲート・プログラム』をスタートしました。

本プログラムでは、将来性あるアーティストによる現代アート作品を、公募により年間約200点購入。購入した作品はオークション販売を行い、売上金を若手アーティストおよびチャリティー団体に還元します。

この取り組みを開始した背景として、日本の芸術系大学生およびその卒業生は、一般的に作品発表の機会に恵まれていないという現状があります。「自然との共生」をテーマにした第1回の公募では、180点の作品が寄せられました。その中から、最終的に40点を買い取り、三菱商事本社内に展示しています。若手アーティストたちからは、「自分の作品が世間に知られるきっかけができた」との喜びの声が届いています。

第2回目以降も、毎回50点前後の作品を継続的に買い取る方針で、活動を通して才能あるアーティストの芽を育て、文化・芸術分野での社会貢献につなげていきます。


ということで、10/4に行われたオークションの記事が掲載されていました。一番高く売れた作品は52万円で落札されたとのこと。この企画に関わっている株式会社AGホールディングズの柴山哲治代表取締役は、元ササビーズ・ジャパンの社長だった方のようです。三菱商事では、このようなオークションを年に4回開催していく予定とのこと。次回は12/13に開催。


[PR]
by art-and-money | 2008-10-17 00:55 | 04: News Cliping

Copyright(C) Survivart. All Rights Reserved.